読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベンチャーCFOキャリア

サラリーマンのM&A、ファイナンス、企業業績、キャリアについての戯言

ジャフコが投資先企業の経営者を追放

創業社長を追放したジャフコ「策略」の誤算という東洋経済の記事。

簡単にまとめると、ジャフコと現社長の松谷昭男氏(元専務取締役)が組んで、元社長の小林尚哉氏を解任したという記事です。元社長としては、解任される謂れはないだけでなく、銀行借入の連帯保証もそのままになっている等、そうとうに言い分に食い違いがあるという。

 

当然に真相はわかりませんが、現社長の言い分もずいぶんだなあと思いました。2期連続赤字や逼迫した資金繰りというのは、元社長だけの責任でもなく、最高財務責任者であった現社長にも責任の一端があると思うのです。きっと元社長と現社長は仲が悪く、株主との関係がうまくいってなかった元社長を追放するということで利害が一致したのでしょう。こういう現社長に社員はついていきたいと思うんでしょうか?

 

でもVCのジャフコもこういう記事が出ちゃうのは、彼らの投資家に対しても説明義務があるから大変だと思います。特に53%も株を握っちゃって、おそらくこの案件は「バイアウト投資」でなく、「ベンチャー投資」でしょうから、ここから先どうやってEXITするのか注目したいです。

 

あと、この件と関係ないですが、よく人材会社から紹介される求人や転職サイトの採用情報に「大手ベンチャーキャピタルからの投資を受けている有望な会社」とかあるんですが、VCから投資を受けている=将来有望、って随分乱暴だなあと思うわけです。もしそれが本当に高確率で本当だとしたら、上場しているVC(ジャフコ、日本アジア投資、フューチャーベンチャーキャピタル)の業績はもっと飛躍的に良いはずです。

 

各社の当期純利益(純損失)の推移(単位:百万円)

f:id:yj0403:20130729194245j:plain